主婦に人気!自宅で勉強できる資格リスト

>

介護の資格

専門知識とスキルを証明出来る資格を取得することで、履歴書に記入して、採用に有利になるのは間違いありません。
介護職員初任者研修という、介護関係の最初に取得する資格があります。
その上位資格が、介護福祉士、介護支援専門員となります。
外国人労働者の流入が多くなっていますが、高齢化でとても需要が高いので、再就職先への必要性として、有力な資格になります。
働くことを念頭に置いている場合は直結しているし、募集も多いということです。
社会に貢献できる、人の役に立つことを実感できる仕事でもあります。
何よりやりがいがあるということで、一念発起する方も多いでしょう。
家族のために、勉強する方もいます。
身近に必要性を感じて、よりよい環境を家族に与えたくて、思いはそれぞれです。

簿記

どこの会社にもあるのが経理。
経理の仕事内容は、入出金の管理、収支バランス等の財務諸表の管理、収支に関する折衝、有価証券報告書等の作成、公認会計士や税理士との折衝、原価計算、取引先与信管理、決算業務、連結決算業務他の重要機密を取り扱う、几帳面さを必要とする仕事です。
資格がなくても仕事は出来ますが、簿記3級と2級の資格を取得すると、採用には有利です。
会社によっては、経理関係部署でなくても、社員に簿記3級の取得を自己啓発として推奨しているところもあります。
独学も可能ですが、初心者の方は、通信教育や講習受講することも出来ますので、安心です。
コンピュータが使えると、コンピュータで会計ソフト操作をするので、役立ちます。


履歴書作成から考える

この記事をシェアする